病児保育室 なんでもQ&A

どんな時に利用できますか?
お子さんが病気にかかったとき、あと1日2日の安静が必要なのに、
「付き添っていてあげたいけれど、もう仕事を休むことができない・・・」
「子供の体調はよくないが、どうしても外出しなければならない・・・」
という経験はありませんか?そんな時ご利用いただけます。
 
病後児デイサービスセンター「病児保育室 よいこのもり」では新潟市からの委託により、病気回復期にある乳幼児の一時預かり事業を行っています。
これは病気回復期にあって集団保育に支障がある保育園・幼稚園等に通園している乳幼児や、一般家庭で病気回復期にあって保護者の都合により育児が困難となった乳幼児等を専門家集団(保育士・看護婦・医師)によって保育と看護を行い、一時的に預かる事業です。
利用できる病気は?
担当医師が利用を可能と判断した病気です。入院を必要としない程度の急性の病気に限ります。
隔離を必要とする場合は、そのときの状況によりお預かりできないこともございますので、ご了承ください。
また、定員数を超える場合は、自宅待機またはお断りする場合もありますがご了承ください。
保育中、必要があれば医師の判断で臨時の処置をすることがあります。その内容についてはご通知いたします。
対象年齢は?
新潟市内に居住する6ヶ月からの小学校3年生までの児童です。
新潟市在住の以外の人は利用できませんか?
新潟市からの委託により行っている事業だから残念ですが利用できません。
新潟市在住なら、よいこの小児科のかかりつけでなくても利用できますか?
利用できます。
新潟市からの委託により行っている事業だから、新潟市内に居住する6ヶ月からの小学校就学前の児童であれば誰でも利用できます。
食事はどんなものがでていますか?
お食事はお弁当をご持参いただいています。
調乳・おやつの用意はいたしますが、病状に応じたお弁当を各自ご持参くださいますようお願いします。
病気のときこそお母さんの手作りのものをあげたいと考えています。
利用時間は?
ご利用いただける時間は8:30〜17:30まで(木曜日は8:30〜12:30)です。
利用料金は?
1日2,000円です。
厚生省により病児保育の1日の単価は、8,736円と定められています。
新潟市在住の方は、国・県・市町からの補助金があり、2,000円という料金でご利用いただけます。